【推拿基本手技】仙骨の歪みを取った後に残る筋痛の取り方

仙腸関節の歪みからの痛み

 

3ヵ月前、ぎっくり腰になりその時の激痛は今消えましたが

運転中にある角度でしびれと飛びあがるほどの痛みが出るという患者さん

 

仙腸が歪んだままで、仙腸関節に沿って痛みがあり

股関節屈曲で骨盤を後屈させると下肢に痛みとしびれ感が発生します。

 

仙骨の歪みと骨盤矯正は5分ほどで戻りますが

3カ月間仙骨が歪んだままだったので

靭帯や筋肉が硬くなっていると

 

姿勢や運動範囲は戻っても、痛みや違和感が残ることがあります。

発症から時間がたっているときや仙腸関節に痛みがあるときは

初めから、ゆがみだけでなく、筋肉や靭帯に注目しおくと効率よく施術ができます。

 

脚の痛みとしびれ感は神経痛か?

 

大腿二頭筋・半腱様筋・半膜様筋の起始は坐骨結節です。

本症例では、腸骨と坐骨のユニットと仙骨の剪断もみられ

 

3ヵ月前の受傷なので、経緯は不明だが、坐骨結節に付着する筋肉に

痛みやしびれが出るのは偶然ではなく、腸骨の歪みとも関係すると思われる。

 

トリガーポイント的な反応は軽微でした。

 

素体は体が異常に硬く、立位で前屈テストも20度程度で脚がひきつるとのこと。

一度筋肉を傷めると、体の硬さが老廃物の排出のロスなど、新陳代謝も悪いようです。

 

この症例では、腸骨の歪みと大腿後部の諸筋の痛みとしびれは関係が深いと思いますが

前屈テストも低い角度で陽性と似た症状がでるので徒手テストだけでは、神経的な症状か

筋肉的な症状か判断できないときは、筋肉を弛めて判断するのがてっとり早いです。

 

今回は、筋肉を弛緩させ症状が消失したので、施術後に筋肉性の症状だと確信しました。

 

マッサージや指圧で楽になるのか?

 

坐骨神経痛の症状の改善に古典的な方法で、坐骨神経に沿って指圧をする方法があります。

マッサージ系の施術では、痛みがある場所を直接的に緩めていく方法が多いです。

 

今回私も、筋肉を直接弛緩させましたが、推拿独自の手技を用いました。

圧法(あっぽう)といって、筋肉を圧迫しますが、指圧ではなく、掌で筋肉を圧迫します。

圧をかけて減圧しての繰り返しになります。

 

目的は、筋肉内の新陳代謝の促進です。

硬すぎる体では、部分的なマッサージでは経験上無理でないにしても

効果は一時的で時間もかかるので行いません。

 

指圧で神経を鎮静させる方法も考えましたが、痛みもしびれ感も

坐骨神経の走行部位とは違ったので推拿の圧法で処置しました。

 

腱移行部などは捏法(ねっぽう)という、立体的にコリをとる手技を用いました。

 

5分ほどの施術でしたが、痛みは解消され可動域も5度程度ですが、

短時間の施術だけで動きがつきました。

 

マッサージは、筋肉全体の血流改善や方法によっては、リンパ循環にも

有益だと思いますが、筋繊維を均等にしたり、深部のしこりもダイレクトに処置できたり

目的に応じて手技を使い分けます。

 

鍼灸でいえば、刺法を変えるのと同じ考えです。

 

経絡を知らなくても筋肉に触れた感覚で施術しても筋弛緩の効果はあるのです。

 

何でもかんでも、肘を転がす、こん法(手へんに昆)で施術するのが推拿のように

思われているようですが、手で鍼灸治療をおこなっているのです。

 

だから結果もすぐ出るのです。

 

 


 

骨盤矯正セミナーのご案内

 

マーケティングで集客できていても、症状が取れずに

患者さんが来なくなり悔しいおもいをしたことはありませんか?

 

整骨院・整体院でのマーケティングと技術と同時に質も高いものにする必要があります。

せっかく集客しても継続してくれないと利益は出ません。

 

リピーターを増やす施策を技術面でお手伝いしています。

痛みを取るだけの骨盤矯正ではありません、体の軸を作る

ユニークで新しい考えに基づいた骨盤矯正です。

 

浅田選手と練習するほどのフィギアスケーターも通い続ける

骨盤矯正です。

 

お腹の筋肉を引き締める効果もあるので技術でさらに差別化をして

あなたの治療を価値の高いものにしてみませんか?

 

 

骨盤矯正セミナーの詳しいご案内はこちら

 

 


編集後記

 

マッサージとして、筋肉の揉み方や、心地よい技術だけ習った方には、症状を改善することが苦手かもしれません。

 

症状があるお客さんも、そこまで効果を望んでいないかもしれませんが、あなたの技術がうまくなればなるほど、症状改善に期待されてきます。

 

癒しで始めたのにいつの間にかいろいろな症状をリクエストされている

とかね。

 

もし、そうなら癒しから卒業する時期だと思いますよ。

新しいステージで頑張ってほしいと思います。

 

今回紹介した、推拿はいろんな職業の人に向けて開発されています。

こん法でも、患者さんの体が揺れまくっているようなら、肉体労働者向けの強い推拿だと思ってください。

 

当然術者も疲れますし、筋肉質でない人に行うとマッサージよりも揉みかえしが強いですよ。

 

そんなところで技術を学んでしまったら、方法が変わるだけで症状改善への道は遠くなりますので、学校選びは、値段以外にもよく調べてくださいね。

 

陳秀香学園(波鍼灸整体院内)

〒538-0044

大阪市鶴見区放出東3-31-39

0120-4771-73

 

ご質問・お問い合わせは下記フォームをご利用ください

https://form.os7.biz/f/045fe3c5/

梨本光久 Nashimoto Mituhisa

鍼灸師・柔道整復師・按摩師・マッサージ師・指圧師、推拿師


2014年 
気口九道 燎原出版(共著)

2015年
CRDテクニック 医療情報研究所


陳秀香学園講師
波鍼灸整体院を経営