脊柱の回転で内臓の状態を予測する方法

体の歪みだけを見つけるには

■トピックス■
・体を歪ませる3つの原因
歪みが上半身からか下半身からか簡単にわかる方法 ・肋骨が歪む理由
肋骨が歪む理由                                                            肩関節が前に突き出る出る理由

体を歪ませる3つの原因

 

関節には横に曲がる側屈(そっくつ)と前後に曲がる屈曲と伸展

左右にまわる回転するうごきがあります。

 

細かく言えば活断層のように関節が滑るような動きを剪断:せんだんという動きもありますが

よがで体を水平に動かす、顎を左右に動かすほかは仙骨のずれや関節のケガで多い動きです。

通常動かしてもらう関節の動きです。

 

からだの歪みはこれらの「関節の動きが戻らない」状態なので

施術対象は、関節と筋肉とされていますね。

 

今回は体の回転が内臓に与える影響を一緒に考えていきましょう。

 

体を回すのは、主に股関節、胸と頸にある脊椎ですが、

肋骨の左右非対象や肩(鎖骨と肩関節と肩甲骨)のユニットが歪むことで

回転しているようなゆがみがあります。

 

歪みが上半身からか下半身からか簡単にわかる方法

 

上半身の歪みから体全体が歪んでいるのか?

下半身の歪みから全体が歪んでいるのか判断した方が

施術が正確になります。

 

その見極め方は簡単であおむけで上半身だけ左右に動く範囲と

仰向けのままで万歳をして膝を立てて脚を左右に動かしてどちらの動きが多いいかチェックします。

 

動きが多い方が歪みが強いので動きが大きい方から調整すると効率よく整体ができると思います。

下半身は特に骨盤全体の回転と、股関節の位置異常のどちらが動く範囲が大きいかチェックしてくださいね。

 

上半身の場合肋骨の形のチェックと肩関節がベッドから浮いているかを見てください

浮いている方がゆがみが大きいです。

 

肩関節がベッドから浮いてくるのは、猫背の要素もあるので術全に座位で姿勢チェックを充分に行ってください。

 

肋骨が歪む理由

 

肋骨が歪むのは、腕の使い方特に大胸筋・小胸筋がどれだけ硬いか?

脇にある前鋸筋(ぜんきょきん)の動きの悪さ

それに猫背が加わるとゆがみを強くします。

 

もう一つの理由が肝臓とすい臓の状態です。

肝臓は食べたものをエネルギーにかえたり、アルコールを分解したり、解毒をしたりと

仕事量が多く、ストレスや過食で疲れてしまいます。

 

理由はちがっても、調子が悪いと腫れぼったくなります。

病気ではなくても背中からみて肝臓の裏側だけ森加賀っていることが結構多いですよ。

 

肝臓は特に血液が多いので強くおすと傷つくこともあるので

肋骨を整える時も、ゆっくり加減しながら静かにおこなってください。

 

すい臓はおなかをさわってチェックすると痛みがあるときがあります。

その時は、炎症があるかもしれないので、姿勢矯正も肝臓と同じで

静かにおこない内臓に圧力をかけないようにしましょう。

 

 

肩関節が前に突き出る出る理由

 

結論から言えば大胸筋・小胸筋が硬くなっています。

その二つの筋肉が硬くなった理由を一緒に考えてみましょう。

 

肩関節だけを見ると、関節だけがおかしいようにおもいますが、

肩をすぼめている人がほとんどです。

 

ストレートネックで腰と上半身のバランスが悪い場合は胸の筋肉が硬くなるのは

腰のアンバランスが原因になります。

 

肩こりの筋肉僧帽筋も硬く、肩関節が前に飛び出ているときは息苦しいときです。

 

猫背で横隔膜が動いていないことが考えられます。

ことの時、肺と心臓のスペースもせまくなるので、心臓に無理がかかっているときは顔が赤くなり

肺に負担がある人は、元気がなく顔が青白くなります。

 

猫背なので肩甲骨も頭の方にひきあげられてさらに強く肩を前に突き出します。

 

 

 

肩に力がはいるっていろんなところに負担をかけていますね。

患者さんもつらいと思いますよ。

 

歪んだところだけを改善したというのもいいけど、もう少し深いところまで掘り下げて

施術ができるようになると、グッと患者さんの健康への興味も強くなります。

 

そうなると協力してくれるようになってますます改善していくよい循環ができてきます。

 

 

この続きはメルマガ限定動画でわかりやすく解説

↓から登録(無料)でいまスグご覧いただけます。

 

http://mail.os7.biz/m/gFyM

 

メルマガ「骨格の歪みと内臓の不調」偏 を1話から~チェックする

登録は↓今スグ!

 http://mail.os7.biz/m/aFXp